宿泊予約

秋は夕暮れ・・感傷的な秋から鑑賞の秋へ!

秋・・

みなさんは秋と聞いたら何をイメージしますか?

 

食欲の秋、芸術の秋、天高く馬肥ゆる秋、いわし雲・・

 

お米を始め、作物の収穫の季節やお祭りの季節と、賑やかでもある反面、

色鮮やかで活発な夏の終わりということもあり、少し物悲しく、さみしいイメージと

一人ひとり 抱いているイメージが あるのではないかと思います。

 

 

湯原もすっかり 残暑の気配はとうに消え、

ツン と冷たい空気が

吸い込むたびに鼻の奥を刺してくるようになりました。

ビーサン出勤も、あともう少しかなと感じています・・。

 

昔 秋はなんでこんなに理由もなくせつない気持ちにさせるのだろう?

と考えたことがありまして、

自分で考えたところで、全然分からなかったので

だれか(そこは覚えてない)に聞いてみたところ、

今まであった夏の煩わしさがなくなるからだと思う。セミの鳴き声とか、唸るような暑さとか・・

とこたえてもらい なるほど~と思った記憶があります。(笑)

 

とまあ話はそれましたが。。

 

今回は芸術の秋について、

一つイベントをご紹介させていただきます☆彡

 

 

 

美作三湯芸術温度 2019年度

今年も参加させていただく事になりました☆彡嬉しい~

 

画家である 山部泰司先生 の作品を

八景のフロントからあらゆるところに 展示していただきます・・☆彡

 

 

川の湯 入り口にはなんと 八景の絵が・・!圧巻です。

 

現段階ではまだ展示はまだ半分 ということでしたが、

一枚一枚 八景の雰囲気やインテリアに合わせて 先生自ら 設置していただいております・・なんて贅沢♡

八景がまるで 美術館のように・・うっとりして、いつまでも見とれてしまいます。

 

そして、本日は悠々ぶどう園・森の駅まにわ の水嶋さんが移動販売にいらしていただいており、

山部先生がその前にぶどうの絵を飾ってくださるという 粋な計らい・・ひとつひとつに感動してしまいます。

 

 

左より水嶋さん・おかみさん・山部先生 です!

 

全ての絵をご覧いただけますのは

10月5日~になります。

 

ヨーロッパの画廊のような八景に・・

ぜひぜひ 遊びに来てください☆彡